私のお気に入りの牌譜

私のお気に入りの牌譜です。また皆さんからの推薦もお待ちしています。
なお牌譜は、当ホームペジでダウンロードできる「PAIFUN」で再現できます。
まだ手に入れてない人は、さあ今すぐダウンロードです。
PAIFUNダウンロードはこちら

1.爆岡敗れる 出展 近代麻雀オリジナル(竹書房)97.6月号
近代麻雀オリジナルに連載されていた「ノーマーク爆牌党」
(片山まさゆき作)の最終話でのオーラスの局です。
この漫画のストーリーに、こんなにも緻密な牌譜があったなんて、
まさに驚きです。(だから面白かったのかな)
簡単なあらすじは、NEW達人戦の決勝戦オーラスで、
鉄壁のリードだが爆岡が逆転するには倍ツモかハネ直の局面であった。
クズ手の配牌から逆転の手に育てた爆岡と鉄壁の戦いの結果はいかに...。
さあ牌譜を再現しましょう。
詳しいコメントは出展の本を買ってじっくりと楽しんでくださいね。

2.金子プロ親の国士無双を出あがり 出展 プロ麻雀(銀星出版社)96.8月号
以前からすばらしい牌譜を見せてくれている、金子プロの1局です。
プロの公式戦ででた役満の中ででも勝負感が強くでている牌譜です。
テンパイと同時にリーチ、他のアガリを防ぎつつ自分のアガリを勝ち取る。
これぞ、麻雀の醍醐味でしょう。

3.徳久プロ重厚な攻めで親ッパネ 出展 プロ麻雀(銀星出版社)96.10月号
この牌譜は、自分にはとても打てないような攻めなので取り上げてみました。
東2局1本場親で37800点トップ目、6順目のポンテンのタンヤオドラドラを見送り、
ドラを引き入れて親満テンパイ。そこでヤミテンにせず、リーチ。
5順後、親ッパネをツモあがる。
自分ならきっと6順目のポンテンにとっているなあと思いました。
みなさんはどうでしょうか?


ホームへ戻る

Copyright(C) 1997-1999 Ima. All Rights Reserved.
E-Mail : imachan@tateyama.or.jp